夢日記 2020年

2020/04/11 09:18

 薄暗い青緑色の空気だった。電車を乗り継いでイギリスに行った。自分の家じゃない見た目をした自分の家にいきなり両親が来た。みんな全てをわかっていて、死ぬんだった。部屋の奥の扉の向こうには、どこかの大学か病院かビルの中みたいな内装になってて、白衣を着た中年の男がいた。その人は何かの教授だった。その人は全てを知っているらしく、抵抗もせずに、私にデザインナイフのようなもので首を掻き切られた。いろいろあって、それをすると私も死ぬことになっているけど、そうしなければならなかった。もとの部屋に戻ると、ローテーブルの手前側のソファに両親が並んで座っていた。全てを知っていて、何も聞いてこなかったけれど、気遣われている感じがした。私はテーブルの向こう側のソファに座った。誰か、教授の関係者が慌てて部屋に入ってきたけど、だんだん目の前が暗くなっていった。

2020/01/16 07:50

 紅しょうがさんが『昨日撮影した最後の動画集』というタイトルでYouTubeにスプラトゥーンのチート動画を投稿していた。こないだ任天堂に消された方のアカウントだった。最初に、蛍光色の緑と黒いメカ風のモンスター(形はテラリアのGranite Golemっぽい)がいてバチバチ色が変わっていた。

 次に、曇り空の下、荒廃した灰色っぽいごちゃごちゃ駐車場みたいなところを、青緑のグラデーションな色をしたイカが歩いていた。周りをよく見ると、険しい表情をした神々の石像のようなものが大小たくさんあって、ヒメが混沌について何か真面目な話をしてるメッセージウィンドウが出ていた。ここはラストフェスがモチーフなのかなと思った。

 そのままイカが歩いていくと、秩序の区画らしき天使の像がたくさんあるところに着いた。今度はイイダが喋り始めた。

 いつの間にかどこかの大学のようなところにいた。もう動画の中じゃなくて、そこには学生の天使(翼が生えてるけど服装は現実っぽい) がたくさんうろついていて、私がそこで三人称視点で14歳くらいの天使の少年を操作していた。髪が青っぽいがキリウ君ではない。

 天使だから飛べると思ってジャンプしたが、あまり高さが出なかったし滞空はできなくて、落ちる時は普通に怖かった。

2020/01/05 14:09

 人気の無い真っ暗な夜道で5人くらい火をつけて殺した 焼き肉屋の前でふらふらしてる男とか

 植え込みで塞がれた道に置かれた毛布に燃える液体を撒いて、火をつけてすぐに植え込みの隙間から逃げた。女と男が逃げられずに死んだと思う

 バレないはずだけどバレて捕まったら大事件だと思って怖かった

2020/01/01 08:09

 8:56頃、どこか知らない大学に遅刻の連絡を入れる。昼までには行くと言った。

 18時頃、どこかのパン屋に入って何かを買う。なぜか昼だと思ってて、大学に行きそびれたことに気づく。

 今日は大学は6コマ目 (19時ごろ) まであるので、まだ行くかと思った。行こうとすると16時だった。

 大学のコピー機のようなものに小麦粉や砂糖を入れてパンみたいなお菓子を作ってる男がいた。私もやったことある。

 BLAMEのキリイが種のようなものを持って自撮りしてる短編漫画