もどる TOP

168.ラボにて

 やっぱり、ここんところおかしい。いつになく、ひどいことを旦那にしてしまった。道徳の教科書の内容にイライラして、人形の前でビスケットぶちまけたり、ゾルゲル君にも、すごく変なことを言ってしまった。自分の頭が、変になってる気がするので、補正する装置を作ってる。でも、こんな機械のかたまり、やだなあ。服とか帽子で、隠せるかなあ。

 ――‭D801年 某月 某日‬

 

 

「う~ん。ほんとに大丈夫?」

 黒っぽい絶縁体で覆われた薄暗い地下室の壁は、ミシマリのとぼけた声を吸い込んで、もっと暗く、深くなっていくようだった。それとも、キリウ少年の泣き腫らした目元よりも真っ赤な瞳にだけ、そう見えているのかもしれないが。

 六畳一間で歯医者を開業したみたいに手狭なラボには、さらに所狭しとラックや機械が置かれていた。その真ん中の作業台の上に、コランダミーの小さな身体が横たえられていた。耳から端子を差し込まれて、不思議な白い服に身を包んで眠っている彼女は、機械の国のお姫様みたいだった。お姫様の背中に、こんなにも白い翼があるかどうかは別として。

 今日、これから彼女は誰のものでもなくなる。その安心しきった穏やかな寝顔を見下ろしたまま、キリウは答えた。

「大丈夫です」

「きみって変わってるよねぇ~」

 ばきゃばきゃと傍らのターミナルを操作しながら、ミシマリが能天気に首を傾げている。片付けが苦手なこの人は、キリウのちぎれた目玉がくっついたり、首の傷があっという間に治ってしまったことについて訊いていたのだが、伝言ゲームが苦手なキリウは、コランダミーと自分との間で清算が必要なあれやこれやについて訊かれたのだと、勘違いしていた。

 なんて、とっ散らかっているんだろう。この世界は何もかもとっ散らかってるんだ。ただでさえ、地上があんなにがれきでいっぱいなんだから。

「やっぱりさぁ~~! これ終わったらさぁ、きみのこと、調べさせてもらっていいかなぁ。ほら~、そんなに急いで出てっちゃうことないでしょぉ~。せっかくの永遠の少年どうし、お茶でも飲んで、のんびりいこうよ。旦那も、もっときみとお喋りしたいって言ってたよ~~」

 何かの間違いでここだけ読んだ人のために説明しておくと、ミシマリの旦那はとんでもない美人だ。そんな旦那を餌に、キリウを釣るかのように取って付けた言い草だったが、じっさい嘘ではないのだろう。嘘ではないはずだ。これが嘘ならクソ女だ。

 でも、キリウは返事をしなかった。何より、この人(ミシマリ)は恐らく知らないのだ――悪魔は永遠じゃないんだってこと。悪魔もいつか壊れてしまうんだってこと。

 そうだ。キリウはそのことを、随分前にコランダミーから聞いて知っていたはずだ。けれど昨日か一昨日まで、完全に忘れていた。

 思い出したくなかったから、忘れたのかもしれなかった。それを考える時、必ずそこには、電波塔から身を投げた白髪の少年の姿があったから。

 そしてキリウには、その事実をミシマリに教えてやる義理など無かった。仮に彼女がもっと丁重に、テーブルに設計書を広げまくってキチガイじみた長話をする以外の方法でキリウをもてなしてくれたとしても、きっとそれは変わらなかっただろう。もともとキリウは冷たい人間なのだ。

 けれどこれから、彼女が件のコランダミーのバグの原因を調べるために膨大なアカシックレコードを読んでいけば……いずれは知るところになるかもしれない。それまで、ミシマリの機械仕掛けの正気が持てばの話だが。

 アカシックレコードにはこの世界の全てが記録されている。

「っていうかさ、大丈夫?」

 今度こそミシマリは、キリウとコランダミーとの間で清算が必要なあれやこれやについて尋ねてきた。しかしキリウはさっきのがあるので、いったい何を訊かれたのだろうと思って、とりあえず口答えした。

「大丈夫じゃないって言ったら?」

「えへへ。どちらにせよあたしは、きみがコランダミーの『持ち主』になってくれたらいいなぁ~って思ってるよ。サポート切れのレガシーな人形だし、大切にしてくれる人の手元にあるのが一番幸せだよね〜」

 ターミナルと手順書を行ったり来たりしながら、何も知らないミシマリはにこにこしている。彼女は自分が興味の無いことについては絶望的に無関心で、例えばトランの行方だとか、コランダミーの本当の『持ち主』がどうして電波塔から落ちて死ななきゃならなかったのだとかは、まったくキリウに尋ねてこなかった。訊かれても困るけど――。

「っていうかさぁ。結局きみは、コランダミーを自分のものにしたい、とは思ってくれなかったってことでしょ! さみしいなぁ~。もったないなぁ~。こんな良いコをみすみす逃がしちゃうなんて、おバカなの!?」

 なんでか急にミシマリが怒った口調になって、恨みがましいほどに睨んできても、キリウはもはや動じなかった。そっちを見ないまま無言で頷いたキリウは、おバカなのだった……が。

「そいじゃさ~。このコ、いつかきみのこと忘れるかんね」

 ふいっと顔を上げたキリウを見て、ミシマリの半分ガラス玉の瞳がぎらりと光った。

「覚えててくれるって言ってた。コランダミー」

「う~ん? 人形の記憶で上書き防止してるのは、過去の『持ち主』にまつわるとこだけだよ。それ以外は、ほかに新しい記憶が入って来たら、入れ替わりで消えるよ~。一度も『持ち主』にならなかった人のことは、一時的な記憶にしかならないんだよ~~。少なくともあたしは、そう作ったけどねえ」

 まくし立ててキリウの目を覗き込んだミシマリは、よりによって今そんな顔をするのが信じられないくらい、みるみるうちに意地悪な笑顔になっていった。口調もうきうきとしていて、ともすれば、あの夜のように爆発してしまいそうだった。

 でもキリウが咄嗟にデコピンすると、あうううと驚いて首を引っ込めてくれたので、事なきを得た。

「それならそれでいいっす」

「……きみって薄情なんだなぁ~」

 ミシマリがじっとりとした視線を向けてくるのも構わず、キリウは化粧が付いた爪の先に目を落としていた。そして、その手の甲からよじ登ってきた白い虫の黒い複眼とアイコンタクトして、呟いた。

「コランダミーは、俺と同じ景色を見ないほうがいいと思うから」

 ――ラボじゅうを埋め尽くした、白い虫たちの影。機械の隙間で焼け焦げて……バグ。

 キリウの脳裏にふと過った映像があった。むしろ焼き付いていた。いつか、赤い水たまりの上で見ていた、無数の白い虫たちに食い殺されていく弟の姿。

 確信があったのだ。このキリウの頭の中の虫たちは、コランダミーを受け入れてはくれないであろうという根拠のない確信が。そしてそれは、誰に対してもきっと平等にそうなのだ。

「最高の共感がいらないの? 人の数だけ世界があってさ、見え方がぜんぜん違うって、疲れない? 同じセカイが、ビジョンが、夢が見えていてこそ、通じ合える、癒される、喜びも苦しみも分け合えるところがあると思うんだけどなぁ――」

 キリウが再び手を上げたからか、ミシマリはぴょんと一歩引いて謎の構えを取った。けれどキリウは、彼女の顔の前に手のひらを突き付けたかっただけだった。突き付けた。そして言った。

「俺は、誰が何が見えてるとか、本当にどうでもいいんです」

 つまるところ、それが今のキリウの本心だった。目の前の女の子に白い翼があっても無くてもよかったし、世界が白い虫まみれでも仕方ないと思っていたし、それを自分の心の中だけで愛したり憎んだりできるなら、一番良いと思っていた。

 できるかどうかはともかくとして。

「貴重な意見をありがとうねぇ~!」

 カスほども納得がいかなさそうに、ミシマリは乱暴に首を横に振って、最後のキーを叩いた。周囲の機械が低い音を立て始め、部屋全体がびりびりと震えだし……コランダミーの身体じゅうを青白い光が駆け巡っていった。

 後から思えば、キリウが自分の意思で変えられた結末は、これだけだったのかもしれない。