もどる TOP

シベの夢日記

 空が青くなってきたくらいの夕方の浜辺を歩いていた。ここは、江ノ島まで続く広い道路と交差している道だった (このイメージは昼だった)。浜辺に布団が落ちていて、父とすれ違ったので何か会話した。

 気がつくと線路の上を歩いていた。草むらの上の『てにをは線』の細い線路だ。周囲には背の高くない木が茂っている。私は、この先に行くと横須賀に着くことを知っていた。前にこの道は行ったことあるし、地図でも見たからだ。地図上でこの路線は、JRの縞々の線に『てにをは線』と文字が書かれており、線路以外は真っさらで何もマークが無かった。海に細く突き出た陸地に線路がひかれている地形で、木で見えないが、周りには海があるらしい。でも前に来たときは、途中で引き返したんだった。

 いつの間にか私は、母・妹・父方の祖母と一緒に、てにをは線の上を歩いていた。電車が来る気配は無く、気にしてもいなかった。途中で横に草木に埋もれた木造の家が出てきたので、玄関ではないどこかからか中に入った。ふすまを開けて歩いて行くと、和室が連なっている大きな家であることが分かった。いくつめかの部屋で、白塗りに着物を着た女が何人か談笑していたけど、お互い会釈した程度で通り過ぎた。その隣の部屋で、母が鞄から餅とあんこが分かれてる大福を取り出して、祖母と私に手渡した。少し遅れて妹が入ってきた。

(この先に母・妹・祖母は出てこない。)

 てにをは線に戻って歩き続けていると、横にデパートが現れた。草木に埋もれて汚らしく見え、全体像がわからない建物だった。

 中に入ると人でごった返していた。私はソフトバンクらしきテナント (でも赤と白基調) のカウンターに座った。隣にいた高校生くらいのカップルの男が話しかけてきた。彼は髪を金髪にして刈り上げてて、襟足が長くて、下から睨みつけるような話し方をするヤンキーだった。話していると、なぜか彼は私の名前を知っているようだった。どうやって知ったんだと聞いたら答えづらそうにしていたが、私は、昔から何かで見かけてただろうし悪目立ちするほうだから別に気にしてない旨を伝えた。

 しばらくして用が済む (内容は失念) と、人だかりの中、ソフトバンクのお姉さんがパチンコ玉より一回り大きな銀色の玉を、カウンターで話していた客にだけ配ってきた。それは100万円くらいの金品が当たるクジのチケットのようなものらしい。

 私は席を立って上りエスカレーターに乗ったが、高校生カップルがなぜか後ろについて来ていた。女は相変わらずこちらを見ないし喋らない。

 私は言った。「ソフトバンクはこういうの多すぎなんだよ、当たるか分からない大金で釣って登録させようとする。LINE PAYのお年玉と同じだ (※なぜかこの時の私はソフトバンクとLINEが同じ会社だと勘違いしている)。もし当たったとしても、こんなところまで来なきゃいけない」それを聞いた男は不思議そうな顔をしていた。

(この先に高校生カップルは出てこない。)

 デパートの上の方の階で、ゴ魔乙のキャンペーンをやっていた。設置されている機械で何かすると、新章?の乙女を一人貰えるようだった。でも私には、前にも似たような企画があったという架空の記憶があった。その時のキャラは実装されなかったし、今回のキャラもその時のキャラを少し変えたような感じだった。画風も今までのゴ魔乙と違っていて、魅力の無いプリキュアみたいだった。

 まだ性能も見てないのにこの場でキャラを決めなきゃいけなかったので、少し困った。結局、どれにも決めなかった。機械に映されてる画面を見ると、私はマルチプレイ (※実在しない) の履歴?か途中のデータ?が3件あるらしかった。ひとつはランク425のプレイヤーだった。

 気がつくとまた、てにをは線の上を歩いていた。私は男で、分かれた彼女がいるという架空の記憶があった。東京で一緒に暮らしてたから気づかなかったけど、最初からこの辺 (男の実家?) に住んでたらすぐ分かっただろうな、と思った。男は彼女が田舎で暮らすのを楽しんでると思ってたけど、彼女はそうじゃなかったのだ。

 深い後悔の念にとらわれながら、線路の上を歩き続けた。

シベの夢日記

 昨日までの記憶がなかった。でもどこかの学校にいて、私はそこの生徒らしかった。

 私は宇宙人の男の子だった。自分では触手のような手足をしてると思ってるけど、見ると実際には人間の女のものだった。

 学校の授業は楽しかった。ほかの生徒は私の友達みたいだった。記憶は無いけど昨日までもここにいて、ずっと学校の生徒をやってたんじゃないかと思った。

 でも、次は体育の時間らしいのに、私は自分が体育館シューズを持っていないことに気づいた。よく考えると……教室にあるはずの自分のロッカーがわからない。

 ほかの女の子に、次は体育なのか確認すると、訝しげな顔をされた。体育館シューズを持ってないことを言うと、冷たい態度で「だってあんたは異世界人だから」と突き放された。

 やっぱり私は昨日までもここにいたわけじゃなく、いきなりやってきたらしい。でも、みんなが合わせてくれていたらしい。

 立ち尽くしていると、横を別の女の子が通った。彼女はまつ毛が落書きみたいで顔がバグったセーラームーンといった感じで、ルナという名前だった。どちらかというとオタク寄りのタイプ。私は階段を降りていく彼女を追いかけて名前を呼んで、自分が本当は宇宙人で、ここがどこだかわからなくて、体育の時間どうすればよいのかということをいっぺんに尋ねた。

 ルナは用心深く辺りを見回して、肩を縮めた。小声で私に「ついてきて」と言い、私の手を引っ張って足早に歩いていった。

 連れていかれた先は、体育館ではなく下の階の別の教室だった。そこでは美術?か何かの授業をやっていて、彼女はその教室の空いている席に私を座らせた。そして配られているプリントの『画:』と書いてあるところを指差して、「これはロケーションを指してる」と言った。(改めて見ると私は字も微妙に分からなかった。数字はわかる。)

 どうやら、私がここがどこだか分からないというので、位置を特定する知識を教えてくれる教室に連れてきてくれたらしい。それに、体育の授業も出なくていいみたい。ルナはずっと小声で、こういう時に学級日誌にどう書けばごまかせるかを教えてくれた。異世界人は時々いるらしく、でもこんな感じでやっていけばいいらしい……。

 何かを調べるためにパソコンでSQL Server Management Studioの画面を開いていて、『上位200行を編集』をやろうとしたら、目が覚めた。

シベの夢日記

 父方の祖父母の家だと認識できるところ (実際には住宅地なのに、ここではどこかの少し田舎) にいた。22時頃のはずなのに外が明るかった。もう帰らなきゃいけなくて、周りに町が見える規模の農道を、母と妹?と一緒に歩きながら、私はスマホで新幹線の時間を調べようとしていた。もうすぐ終電だし、今から帰ったら夜中の3時くらいになるかなと思っていた。

 場面が飛んで、くすんだ明るい黄色の石でできた階段を降りていた。そこで私は部屋着のフリース (これは実際に持っていて柄がよくない) を着たままだと気づいたので、上着をとりに急いで祖父母の家へ戻ろうとした。階段と同じ石でできた日本の風景らしからぬ路上には人がたくさんいて騒いでいた。屋根のない八百屋があり、店主はモジャモジャ頭で色黒で薄着の男 (日本人) だった。

 八百屋の男は、働くのがバカバカしくなったらしい。よく聞くと、周りで騒いでいる人たちも、政治的な何かで働かなくてよくなった?もしくは労働を放棄した?らしかった。彼は自分とこの商品から、赤くて丸い果実 (リンゴでもトマトでもない) を手にとって食べていた。私が見ていることに気づくと、彼は「あるんだから食っていいじゃないか」みたいなことを言っていた。

シベの夢日記

  • ゴシックは魔法乙女のA.I.のショットが『ペラッジュ』という見たことないものに変わっていた。
  • Steamか、Windowsか、とにかくなんか最近の日本産のシューティングについて
  • 閉店間際で人がまばらなスーパーの菓子パン売り場にいた。1700kcalの大きな安っぽいメロンパン(薄緑色でクッキー生地がペタペタしてそうなやつ)が値引きされてて、半額の50円になっていた。私は人目を避けるように、そのあたりの値引きされた菓子パンをいくつか無造作に掴んでカゴに入れた。

シベの夢日記

 なんらかで戦時中の日本らしい。玉砕覚悟というか負け戦にGOを出さなきゃならない指揮者がいた。回転椅子の上で命令の電話(無線?)を入れた後、彼は目を閉じて上を向いた。

 頭の中でオーケストラが鳴りだした。ワルキューレの騎行みたいに勇ましい雰囲気のクラシックだった。その音楽がだんだん歓声混じりになっていく。

 目を開くと、私は観客で埋め尽くされたサッカースタジアムで、コートの横に立っていた。ゴールに向かって右の角のあたり。やけに広くて開放感があり、すぐ上に青空が広がっていた。見ると試合はすでに始まっており、片方のチームは数年前の日本代表(だと認識した)で、ひときわ大きくなった歓声に見るとそうそうに先制点を決めていた。

 それからまた敵陣のゴール前で本田圭佑がボールを相手から守っていて、横に蹴り出したものが外に出て私の近くに転がってきた。本田がなぜか私にスローインしろと目配せしてきたので(今思うとこの位置でスローインはおかしい)、私はボールを追いかけたが、チームメンバーじゃない奴が投げちゃダメなんじゃないかと気にしていた。不安がりながら拾い上げたボールは大きなキャベツになっていて重かった。投げてもぜんぜん飛ばなかった。しかしそれを拾った本田は私に向かって親指を立ててくれて、見るとコートの横に、抱き枕くらいの大きなスナップエンドウかインゲンがころがっていた。どうやら野菜関係のプロモーションか何かの試合だったらしい。

 場面が飛んで、メガネをかけて髭を生やしたオッサン(Hotline Miami 2のメインビジュアルのBeardを地味にしたみたいな)と一緒に和食屋らしきところにいた。オッサンは勝手にベラベラ喋っていて、メニューをめくりながら何を頼むか私に聞いてきた。「あ、エントリーシートにする?」生っぽいエビの写真を指差しながらオッサンがいう。このエビはエントリーシートに似てるからエントリーシートと呼ばれていた。マズそうなメニューばかりだった。

サイドバーを表示する
ブログ
ShortCircuit
ShortCircuit
花火大会
天使
去る512時間前、キリウ君は折れてない千歳飴を渡してきて、ぼくが折るよう仕向けた。1024時間前、彼はこの世のものではないハッシュアルゴリズムでひとりブロックチェーンを始めていた。