もどる TOP

シベの夢日記

 人工衛星か何かが落ちてくるというニュースがあった。それを見るために夜の海岸で空を見ていた。オレンジ色の光の帯のようなものが見えた。

 そのあと急に、五メートルくらいの機械でできたイワーク(ポケモン)のような怪物(丸い岩を繋げたような胴体、ツノのある頭)が現れて、街の中を暴れ始めた。目が赤く光ってて、頭から赤いレーザーを発射していた。何匹か同じのがいるらしかった。

 そのあとしばらくして、もっと巨大な数十メートルあるサイバードラゴン(遊戯王)のような怪物が現れた。そいつはリング状に丸まってゴロゴロ前転するようにして街を押し潰しながら、どこかに向かって進み始めた(漫画『サスケ』の鬼車みたいに)。素早く旋回することはできないらしく、まっすぐ進んでいった。

 そのまままっすぐ行ってくれるならここには戻ってこないだろうけど、少し角度をつけて進んでたりするなら分からないので、不安だった。私は小さい男の子を含む数人の友達?みたいな人たちと一緒に行動していた。コンビニでスマホを取り出して『あいつ 今どこ』で調べると、東京か神奈川にある国道一号線(架空の記憶)沿いの土地に、さっきの襲来での死体が集められているというニュースが見つかった。グーグルマップで確認すると、あいつは相模湾沖から来ていたらしく、ゴジラじゃんと思った。

 コンビニを出て話しているとマナカナ(だと認識できる二人組の女)がいた。いろいろあって今はカナが別の名前で活動しているらしかった。三文字の名前だった。すると光に寄ってきたのか、3センチくらいの小さいコウモリが私の手にぶら下がった。

 場面が飛んで、電気が消えかけのビルから出ようとエントランスに向かって走っていた。さっきの友達はいなくなっていた。他にたくさん人がいた。ビルの中にいるときにあいつに襲われたら逃げられないので、私を含めみんな外に出ようとしているようだった。走っているとき一緒にいた泉谷しげるっぽいオッサンが、何やら深いことを言っていて感心した(内容は失念)。

 場面が飛んで、昼になっていた。海岸の近くの街っぽいところにいた。単独行動だとずっと気を張っていないといけなくて休む余裕が無いので、誰かと一緒に行動したかった。少し地理的に離れてるけど昔の友達に電話しようかと思ったとき、母と妹の声が聞こえた。見ると、両親と妹がそこの石段に座って話していた。私が声をかけると母は「たまには実家に顔見せい」と言った。

 少し離れたところのビルの陰に、例のイワークが横向きに倒れていた。死ぬこともあるのかと思って眺めていると、知らない少年がそいつによじ登ろうとした時、ぎこちなく起き上がって復活した。そいつは、手すりで2列に分けられた階段の片側を降りながらこちらに向かってきた。逃げようとすると、母はそいつの反対側の列を駆け上がっていった。あんまり旋回しないだろうからなと私も思ったが、そいつは下まで来ると目を動かして母の方を見て、今来た列を引き返していった。

 母に向かって「こっち見てこっち見てこっち見て!!」と叫んだところで、自分の叫び声で目が覚めた。

サイドバーを表示する
ブログ
ShortCircuit
ShortCircuit
花火大会
天使
去る512時間前、キリウ君は折れてない千歳飴を渡してきて、ぼくが折るよう仕向けた。1024時間前、彼はこの世のものではないハッシュアルゴリズムでひとりブロックチェーンを始めていた。