もどる TOP

OneDriveがあるとPC版Hotline Miamiをウィンドウ化・日本語化できない?

 新しいPC (OneDriveをインストール済みのWindows10) に、SteamのHotline Miamiをインストールしたら、なんか変だった時の話です。

 ゲームを起動しようとしたら、ウィンドウモードにならない。日本語にもならない。必ず全画面モード&英語で起動してしまう。もしやと思って日本語以外の言語にしてみても、解像度を変えてみても、やっぱり何も変わらない。

ランチャー
ランチャー

 開始時に選んだはずの設定が、ガン無視されてるように見える……。

 調べたところ、起動設定を保存してる設定ファイルhotline.cfgの場所がおかしいことが判明。

The game ignores the launcher settings :: Hotline Miami 総合掲示板

 上記URLではC:\Users\{ユーザー名}\Documents\My Games\HotlineMiamiにあるといわれてるhotline.cfgが、筆者のPCでは、C:\Users\{ユーザー名}\OneDrive\ドキュメント\My Games\HotlineMiamiに存在していた。

OneDrive以下に存在
OneDrive以下に存在

 Steamの設定を特に変更したりはしてない。OneDriveが入っているPCだと、自動でOneDriveフォルダ以下に設定ファイルを作成してしまうのか。しかもHLMの本体はなぜかその設定を読み込まず、デフォルト設定 (全画面モード&英語) で起動してしまうということなんだろうか。

 保存先がOneDriveなだけで実際には本来の位置から読み込んでいるのかもと思い、OneDriveのMy Gamesフォルダを本来の場所に移動してみたが、設定は反映されなかった。しかもゲームを起動するたびに、OneDriveの下にフォルダとファイルを作成しなおされていた。完全に、OneDriveの下が自分の場所だと思い込んでいるらしい。

 それならOneDriveがインストールされてないPCだったらどうか。特に使ってもなかったので、OneDriveをアンインストールした。(アンインストールしても、OneDriveフォルダの中身自体はリモート・ローカルとも消えないようなので、ほかのファイルが入ってても大丈夫。)

コントロールパネル→『プログラムと機能』→『Microsoft OneDrive』
コントロールパネル→『プログラムと機能』→『Microsoft OneDrive』

 その後、念のためWindowsからサインアウトして、再度サインインする。

 そしてもう一度ゲームを起動すると……。

本来の場所に
本来の場所に

 無事、本来の場所にhotline.cfgが作られ、ゲームがウィンドウモード&日本語で起動した。

ウィンドウモード&日本語
ウィンドウモード&日本語

 デフォルトでOneDriveが入っているPCでマイアミする時は気を付けよう。

 ちなみにこのあと再度OneDriveをインストールしても、もうOneDriveには設定ファイルが作られなかった。だから普段OneDriveを使ってる人は、問題が解決したらまたOneDriveをインストールし直しても大丈夫 (?) かもしれない。

余談

 どのタイミングでOneDriveに保存するか否かが決まるのかと思って、OneDriveが存在する状態でHotline Miamiを再インストールしたりしたけど、やっぱり正しい場所に作成された。

 最初、Steamが何かしてるんだと勘違いしてたので、この記事も『Steam版』の話として書こうとしてた。が、手元のGamers Edition版をインストールしてみると、こちらも同じhotline.cfgの設定を参照してる模様。手動で書き換えた内容も反映されてる。

 というかそもそもMy Gamesって?

マイクロソフトのゲームのファイルが保存されている場所

 Windowsの都合でした。Steamが何かしてるとか、ニワトリ頭が鳥頭だったとかではありませんでした……。Windowsの都合でふとした拍子にゲームデータの保存先が変わっちゃって、使う側がそれを想定してなくて、困ってるというだけっぽい。

 もしかしたら、マイアミ以外のゲームでもこういうことがあるのかもしれませんね。

サイドバーを表示する
ブログ
ShortCircuit
ShortCircuit
花火大会
天使
去る512時間前、キリウ君は折れてない千歳飴を渡してきて、ぼくが折るよう仕向けた。1024時間前、彼はこの世のものではないハッシュアルゴリズムでひとりブロックチェーンを始めていた。