もどる TOP

[Hotline Miami] マイアミ警察は腐敗してるのか?

 ※この記事にはHotline Miamiシリーズのネタバレが含まれています。

 Hotline Miami (1・2) のテキストを読み返していて、マイアミ警察の捜査能力が謎すぎて考えたことです。考察未満の妄想オンリーの雑談です。

マッポ
マッポ

 [1-12: Trauma]イントロにて、Jacketのベッドの近くで警察官と医者が喋ってます。彼らの話から分かるのは、「Jacketは何週間も昏睡状態が続いており、複数の事件の筆頭容疑者とされている」「The Girlは死んだ」「警察はRichterを逮捕したが、Richterは何も喋らない」の3点です。超重要な説明セリフです。

 恐らくJacketはこの時すでに目を覚ましており、警官らの話を聞いていたと思います。だから即座に病院から脱走して、その日のうちに警察署に向かいました ([1-13: Assault])。でも更に次の[1-14: Vengeance]がその2日後なのはすごいというか、自宅に戻ってるのによく捕まらなかったな……。

 が、ふとJacketが警察署から持ち帰ってきたファイルの内容を見返してたら、今更すぎな疑問が湧きました。

ファイル
ファイル

...suspects claim to have been threatened into...
...instructed to kill by messages on their...
...phone calls traced to a club on South 86th Street...
...ties to underground Russian Mafia network...
...multiple accounts of illegal activity reported...
...insufficient evidence for a warrant...

[1-14: Vengeance]イントロ

 この下線部「脅迫されていたと主張する容疑者」って誰だ??

 Jacketはずっと昏睡してたし、Richterは何も喋らなかったはずですよね? でもこの段階で警察はすでに、[2-5: First Trial]の裁判でも言及されていた、『ロシアンマフィアが経営するクラブからの脅迫電話』に迫っていたようです。私は裁判の方を見過ぎて頭の中で前後関係が逆になっていたというか、てっきりこのファイルはJacket事件の捜査ファイルだと思い込んでました。

 実際にはRichterがちょっとだけ喋ったんでしょうか。でも、母親を人質にとられているRichterが何かを喋るとは思えません。[2-13: Subway]クリア後のデモで、Rosaも「面会に行ったけれど何も話してくれなかった」と言ってます。それに証言したのがRichterだとしたら、留置所でのセリフ「警察は俺よりもっとこの混乱について知ってるかもしれない」が他人事すぎます。

 いったいマイアミ警察がどこまで把握していたのか気になり、またテキストをひっくり返してみました。すると、Jacketの部屋に置いてある新聞の切り抜きが引っかかりました。

...bomb blast heard all the way down town...
...casualties still unknown. Charred remains...
...several masked suspects witnessed at the...

[1-5: Full House]イントロの新聞

 下線部、複数のマスクの容疑者が目撃されているとあります。1行目の「爆発」は、[1-4: Tension]でトラマスクの男が尋問されている部屋の爆弾を起動した時のものです。ということは、警察もこの時点ですでに、Jacket以外にもマスクの殺人鬼がいることを把握しているはず……だよな。

...mask murders continues. Last night a dozen bodies... ...again connections to the local Russian Mafia... ...police denies rumors of a vigilante movement....

[1-6: Clean Hit]イントロの新聞

 こちらの下線部には「自警団」とあります。やはり、Jacketひとりならただの変質者だし、自警団という言い方はしないような。

 また、ここでは警察は自警団という見方を否定していますが、これは後に変化したようです。[2-5: First Trial]でEvanがPetrovに取材していて、その中で「警察はマスクの殺人集団は自警団活動であると主張していますが、あなた (Petrov) も同意見ですか?」という質問をしています。

 では警察のファイルにあった証言は、本編に出てきた以外にもマスクの殺人鬼がいて、そいつが捕まった時のものだったりするのでしょうか。そうかもしれません。仮にいたとして、そいつもJacketのように留守電テープを回収されていたのだとしたら、警察の捜査もJacketの時と同じところ (電話の発信源) までしか進んでいなくても、不思議ではないです。

 ……いや、でもやっぱりおかしいですよね。同じ住所から脅迫電話を受けていたと主張するマスクの殺人鬼が2人もいたら、さすがに関係あると思わないのか!?

 仮にそんな奴がいなかったとしても、Richterだってネズミマスクを押収されていましたし、思いっきり関連性がある事件のはずです。Jacketの事件と絡めて報道されてたりしないのか!? どうもRichterが世間からどう扱われているのかがとても若干謎です。マスク男がマスク男を殺そうとした事件は有名ではないのでしょうか。それなら『Midnight Animal』よりもっとカッコイイ映画が作られててもいいはずだが……。

 とかなんとか考えてたら、わりとマジで、マイアミ警察が無能すぎるか、マイアミ警察にロシアンマフィアか50 Blessingsどちらかとの繋がりがあったとしか思えなくなってきました。

 仮にロシアンマフィアと癒着してたなら、件のナイトクラブ『The Golden Truck Stop』の捜査令状がなかなか下りないのも分かります。仮に50 Blessingsが入り込んでるなら、マスクの殺人鬼の事件に関連性を認めず、自警団活動だったとすることもできると思います。いずれにせよ、筆者的にはどうしてもマイアミ警察にヤバさを感じてしまいます。

 というかPardo刑事の活躍を見てると、どれだけマイアミ警察がヤバくてもおかしくない気がしてくるので困ります。なんであの人、ロシアンマフィアのPetrovの居所を知ってるのはともかく、名前を認知されてたり、The Sonのアジトまでも普通に訪問したりしてるんだ? EvanはPardoにやたら『貸し』を主張するけど、それを行使するのが全てロシアンマフィア絡みの事件なのは偶然なのか…………?

教えてEvan先生
教えてEvan先生

 以上、一から十まで単なる妄想でした。読んでくださり本当にありがとうございました。

サイドバーを表示する
ブログ
ShortCircuit
ShortCircuit
花火大会
天使
去る512時間前、キリウ君は折れてない千歳飴を渡してきて、ぼくが折るよう仕向けた。1024時間前、彼はこの世のものではないハッシュアルゴリズムでひとりブロックチェーンを始めていた。