もどる TOP

[Hotline Miami] 怪電話のメッセージ+αについて色々考える

 ※この記事にはHotline Miamiシリーズのネタバレが含まれています。

 Hotline Miami (1・2) の主人公たちに届けられる留守電のメッセージ (+α) をまとめて、考察というか、妄想と感想を書きました。

前書き

 この記事は、当サイトの以下の記事を前提に書いています。よって、「電話のメッセージはあらかじめ録音されたものである」「Jakeは留守電ではなくリアルタイムで電話を取った」「JacketとJakeも本編開始前から脅迫電話を受けている」として考えています。

[Hotline Miami] 怪電話で主人公たちを操った奴らの手口を考える

 また、例の清掃員の二人はそれぞれJonatan・Dennisと記述してます。紛らわしいですが、ゲーム制作者のJonatan氏とDennis氏について書いている箇所では「作者の」と付けていますので、あらかじめご了承ください。

  1. ベーカリーのTim
  2. クッキーの成分表
  3. ベビーシッターが必要なLinda
  4. 入会者への挨拶
  5. メタドンクリニックのThomas
  6. Hotline MiamiデートサービスのKate
  7. Blakeの停電修理依頼
  8. マイアミ有害生物駆除のDave
  9. Hotel BlueのDon
  10. 管理のHarry
  11. 「計画が少し変わった」
  12. クラブのPat
  13. 不動産屋のRick
  14. Downtown RelaxationのThomas
  15. オフィスのJim
  16. マイアミ運送のMark
  17. Janeのデートの誘い
  18. マイアミ斎場のBen
  19. マイアミオートリペアのEric
  20. 保育所のMary
  21. マイアミ葬儀社のSusan
  22. 速達郵便のAndrew
  23. 花屋のDan

ベーカリーのTim

 1989年4月3日にJacketが確認した留守電。

You have one new message! *BEEP*
Hi this is 'Tim' at the bakery.
The cookies that you ordered should be delivered by now...
A list of ingredients are included...
Make sure that you read them carefully!
... *CLICK*

[1-Prelude: The Metro]イントロ

 雑な訳……「新しいメッセージがあります!(ピー) ベーカリーのTimです。あなたが注文されたクッキーがもうすぐ配達されるはずです……。成分表を同梱しておきました……。よくお読みください!(カチッ)」

 このメッセージのシーンで、Jacketの家の前に段ボール箱が置いてあります。[1-6: Clean Hit]でJacketのアパートの階下で掃除をしているDennisとすれ違うので、彼らが直接置きに来たのでしょうか。中身はニワトリマスクと手紙 (※次項) でした。

段ボール箱
段ボール箱

 段ボール箱の中にはニワトリマスクしか入っていないように見えます。が、Jacketは逮捕時に少なくともブタマスクを所有していたことが、[2-5: First Trial]の裁判で見られる証拠品から分かります。突っ込むところではなさそうなのを承知で突っ込むと、実はニワトリ以外のマスクも段ボール箱の中に入っていたのでしょうか?

ヘビマスク入手時の演出
ヘビマスク入手時の演出

 いや、そういえばJakeがコブラ以外の2種類のヘビマスクを入手する時の演出では、運送会社らしきラベルが貼られた段ボール箱から新しいマスクが出てきました。それならJacketのニワトリ以外のマスクも、後から送られてきたものだと考えることができます。

 郵送してるならば、先述の「直接置きに来た」は誤りになりますね。郵送などして足がついてしまわないか、JonatanとDennisは気にならなかったのだろうか? でも、何らかの方法 (公園に置いたものを拾わせるとか) で近場の会員に直接荷物を渡して、それをそのまま郵送させるなどの保険をかけていた可能性はありますね。どうでもいいけど。

 余談ですが、RichterもJakeもゲーム中ではそのような名前で呼ばれるシーンはありません。かぶっていたマスクに名前がついてただけです。レベルエディタならびに2の内部データ上ですら、彼らは徹底して『Rat』『Cobra』と呼ばれてます。(1のRichterは『Assassin』でした。)

 ただ、ゲーム外で作者らから『Richter』『Jake』と呼ばれていたことがあるので、そういう名前であることは事実だと思います。しかし本当にゲーム中から得られる情報だけだと、その確信が持てないようになっているというのは、考えてみると不思議な感じがしました。

 さらに余談の余談になりますが、レベルエディタでもJacket・Bikerに限ってはそのまんまで呼ばれてます。ここでふと、Cutsceneの顔グラを選ぶ欄でBeardを探してみると、こちらの名前は『Nicke』になってます。実はレベルエディタができる以前から、もともと内部データ上でBeardのスプライトには『Nicke (1ではNicklas)』という名前がついてました。それがレベルエディタで公に出てきたということは、もうBeardの名前は『Nicke』ということでよさそうですね。うわあメッセージの話と完全に関係なくなっちゃった。

クッキーの成分表

『成分表』
『成分表』

 1989年4月3日にJacketの家に届けられた成分表。

The target is a briefcase.
Discretion is of essence.
Leave target at point F-32, inside the dumpster.
Failure is not an option.
We'll be watching you.

[1-Prelude: The Metro]イントロ

 雑な訳……「ターゲットはブリーフケースだ。慎重さが最重要だ。ターゲットをポイントF-32のゴミ箱の中に置け。失敗という選択肢は無い。我々はお前を見張っている」

 かなり直球の指示書です。[2-5: First Trial]のJacketの裁判では言及されませんでしたが、これが残ってたら、ちょっとした物的証拠になってたのではと思います。捨てちゃったのかな?

 上に書いた前提の記事で、「Jacketは本編開始前に脅迫電話を受けている」説を考えました。これを見ると尚更そんな気がしてきました。いきなりこんなの送り付けられたら、いくらJacketでも通報するだろうからです。だからRichterの車が燃やされた件みたいに、いろいろ『見張ってる感』を醸し出された後、トドメに送り付けられたのかもしれません。デロリアンが無事でよかったですね。

 ここで「慎重さ」とした 'discretion' やその形容詞形である 'discreet'、ならびに「慎重に」と釘を刺すメッセージは、以降もたびたび出てきます。次項でまた書きます。

ベビーシッターが必要なLinda

 1989年4月8日にJacketが確認した留守電。

You have one new message! *BEEP*
Hello, it's 'Linda'...
I need a babysitter right away.
Got a few kids that need to be disciplined here.
I'm at East 7th Street.
Make sure you have a long talk with them, I really need someone to get through to these rascals.
And like last time... Please be discreet! *CLICK*

[1-1: No Talk]イントロ

 雑な訳……「新しいメッセージがあります!(ピー) こんにちは、Lindaです。すぐにベビーシッターが必要です。躾が必要な子供たちがいるの。East 7th Streetです。よく彼らに言い含めてやってください、本当に誰かがこの悪ガキどもに叩きこんでやる必要があるの。あと、前回みたいに……慎重にね!(カチッ)」

 悪ガキに叩きこむ……など、とても分かりやすいメッセージです。留守電で指令を受け取るのはこれが初回なので、プレイヤーに留守電のメッセージとJacketの殺人行為を結び付けさせるための説明台詞のようです。

 しかし改めて見ると、「前回みたいに慎重に」という台詞は無理やりっぽいというか、ベビーシッターの依頼にしては不自然な気がします。そこまでして入れたいセンテンスなのだろうか。'Please be discreet' は「口外しないで」みたいな意味もあるらしいので、彼らが言う「慎重に」というのは、「隠密に」に近いニュアンスかも。

入会者への挨拶

赤紙
赤紙

 [1-1: No Talk]のJacketの家、[1-17: Fun & Games]のBikerの家、[2-3: Hard News]のJakeの家に置いてある手紙。

Thank you for subscribing to our newsletter!
We appreciate your interest in our cause.
America is a tune. It must be sung together.
-50 Blessings

[1-Prelude: The Metro]イントロ

 雑な訳……「私たちのニュースレターをご購読いただき、ありがとうございます。私たちの運動に興味をお持ちいただけたことを感謝いたします。アメリカは歌です。共に歌わなければなりません。50 Blessings」

 愛国者組織『50 Blessings』のニュースレター購読開始の赤紙、もとい挨拶の手紙です。Biker編TrueエンドのDennisのセリフによると、会員は書面 (おそらく申込書) で「国のために死ぬことを厭わない」と記入させられているようです。

 しかし、ロシアを憎んでいるであろうJacketとド愛国者のJakeはともかく、Bikerがそれにサインしたというのはあまり想像がつきません。BikerはTrueエンドで「俺は政治には興味が無い」と言ってますし、そもそもブタマスクの男に「面白いことになる」と勧められて入会したようなので、本心から誓ってはいなかっただろうと思います。

 Jacketらの部屋にこれが置いてあったのは、彼らが脅迫電話を受けて実際に行動を起こしてから以降の時期です。本当にその当日に届いたものが置かれていたのだとしたら、JonatanとDennisは彼らの入会申込書を受け取ってすぐにイタ電をかけ初めて、その後で入会挨拶を送ったことになります。

 さらに、Bikerはこれを見たことでイタ電の正体に気づいて、ブタマスクの男のところにすっ飛んでいったという説も考えられます。その場合、Bikerの部屋にあったこれは、前日以前に届いたものを机の上に出しっぱなしにしていただけかも。

 そういえばRichterの部屋ではこの手紙を見かけませんでしたが、彼も会員のはずですよね? でもRichterには、本編中ではロシア嫌いや愛国者の側面は無いように見えるし、経緯が気になります。彼は母を残して国のために死んでる場合ではないと思うのだが……。

メタドンクリニックのThomas

 1989年4月16日にJacketが確認した留守電。

You have one new message! *BEEP*
This is 'Thomas' from the methadone clinic.
We've scheduled a short meeting for you tonight.
We're at NW 184th Street, apt 105.
And don't worry...
We know discretion is of importance to our clients.
... *CLICK*

[1-1: No Talk]イントロ

 雑な訳……「新しいメッセージがあります!(ピー) メタドンクリニックのThomasです。私たちは今夜、あなたとの短い面会を予定しています。こちらはNW 184th Streetの105番アパートです。心配しないでください……クライアントにとって慎重さが最重要であることは分かっています。……(カチッ)」

 最後のセンテンスは、公式日本語訳だとシンプルに「秘密は守ります」という感じだったと思います。ただ、上述したように「慎重さ」というニュアンスが出てくるメッセージが複数あるので、不自然ながらここでは揃えてみました。

 時間帯が指定されているメッセージのひとつです。以降、時間帯を指定するものはわりと見受けられます。このゲームは建物の外の様子が全然分からないので、一日の中の時系列が分かる手がかりは貴重です。

 メタドンクリニック=ヘロイン中毒治療の病院なので、レベル名とメッセージの内容がオーバーラップしてますね。実際のところJacketは薬物中毒者ではない (はず) ですが、初見プレイ時には初っ端から不安になる演出でした。なぜJacketが人を殺してるのかが1ミリも分からない状態だと、薬物で幻覚を見てるんじゃないかとミスリードされそうでした。

 薬物と言えば、夢の中でRichardと会話する時の黒い影が舞うエフェクトや、[1-12: Trauma]のぐわんぐわん揺れる描写などは、非常にオーバードーズしててびっくりした覚えがあります。作者は実際に見たことあるのでは? Jonatan氏のほかのゲームNorrlandをプレイして、尚更そう思いました。

Hotline MiamiデートサービスのKate

 1989年4月25日にJacketが確認した留守電。

Hi, it's 'Kate' from Hotline Miami's dating service.
We have set up a date for you this evening.
She'll be waiting for you ar Southwest 53rd Place.
As usual, make sure you wear something fancy.
... *CLICK*

[1-3: Decadence]イントロ

 雑な訳……「Hotline MiamiデートサービスのKateです。あなたのために本日夕方にデートをセッティングしました。彼女はSouthwest 53rd Placeであなたを待っています。いつものようにおしゃれな服装で。……(カチッ)」

 略されてるだけかもしれませんが、このメッセージからしばらくは 'You have one new message! *BEEP*' がありません。でも留守電ランプは店頭しているし、仮にリアルタイムで電話を取っていたとしても特に見かたが変わることは無いと思うので、深読みはしてません。

 'dating service' は出会い系っぽいニュアンスだそうです。もしかして『Hotline Miami』というのは、架空の出会い系サービスの名前なんでしょうか? しかもここは、『Hotline Miami』という名詞がゲーム中に出てくる唯一のシーンです。なんとなく小説っぽいセンスだなと思いました。

 そのようなメッセージの後でThe Girlと出会うのも素敵です。しかし、以降のレベルを見る限りではJonatanとDennisはわりと周到に現場の状況を確認してるっぽいので、彼女の存在を把握していてこのメッセージを収録させたならちょっと悪趣味です。あの二人は、The Girlを連れ帰ったJacketのことをどう思ってたんだろう?

 服装について言及されるパターンは、BikerとRichterが受け取ったメッセージにもありました。十中八九「マスクをかぶって行け」という意味だと思いますが、考えてみると「マスクをかぶって行け」というはっきりした指示はどこにも無いですね。送りつけられてきたマスクと怪電話の関連性を理解してるだけでも、みんな察しが良いです。

 ……ん? まさかBiker……?(失礼)

Blakeの停電修理依頼

 1989年5月5日にJacketが確認した留守電。

Good evening! This is 'Blake' speaking.
We have a job for you. There's a power outage...
Over on 24th NE St.
We want you to take care of it.
We already sent someone over a while ago...
But it seems he didn't do a very good job.
Head over there right away They're expecting you.
Keep it quick and clean! *CLICK*

[1-4: Tension]イントロ

 雑な訳……「こんばんは! Blakeです。あなたの仕事があります。停電です……。24th NE Stでその対処をお願いします。少し前に別の者を送りましたが……彼は良い仕事をしなかったようです。すぐにそちらに向かってください! 彼らがあなたを待ってます。素早く、清潔に心掛けてください!(カチッ)」

 他のマスク男の存在をほのめかすメッセージが出てきました。ここで言及されている「少し前に送った別の者」というのは、爆弾部屋で尋問されてたトラマスク (Tony) の男のことだと思われます。

爆破後
爆破後

 しかし、あの爆弾部屋は頭上視点のプレイヤーからは中が見えましたが、Jacketは扉を撃って爆破しない限り中を見れなかったはずです。爆発させた跡も悲惨なもので、トラマスクの男の死体は残ってませんでした。

 ということは、Jacketは次レベルの[1-5: Full House]に出てくる新聞記事 (爆発音と「複数のマスクの容疑者」について書かれてます) を読んで、初めて自分以外のマスク男がいたことを認識したかもしれないですね。

マイアミ有害生物駆除のDave

 1989年5月11日にJacketが確認した留守電。

It's 'Dave' from Miami pest control. We need you.
A client at SW 104th Street is having vermin problems.
Try to handle it as quick and swift as you can.
Someone else will clean up for you after you leave.
Make sure not to bother any of the neighbors.
... *CLICK*

[1-5: Full House]イントロ

 雑な訳……「マイアミ有害生物駆除のDaveです。あなたの手が必要です。SW 104th Streetのお客が害虫の問題を抱えています。可能な限り素早く、迅速に対処してください。あなたが出た後、他の者が清掃します。ご近所に迷惑をかけないように。……(カチッ)」

 躾が必要な悪ガキども以上に憎しみを感じるメッセージなのは気のせいだろうか……(^-^;)

 他の者が来るそうです。このレベルって、クリア後に別のマスク男が何かしに来たんでしょうか? 当初は清掃と聞いて、清掃員の恰好をしてるJonatanとDennisが証拠隠滅に来るのかなとぼんやり思っていたのですが。でも、[1-3: Decadence]でJacketが映った監視カメラ ([1-4: Tension]イントロの新聞に記載) は放置されてたようなので、証拠隠滅してくれるわけではなさそうです。

わに
わに

 個人的には、このメッセージも他のマスク男の存在をほのめかすものだと思ってます。このレベルは、クリア後にバールでマンホールを開けて下水道に下りると、ワニマスク (Jones) 傍らに死にかけの男がいました。彼も[1-4: Tension]のトラマスク同様に、先に送り込まれて失敗したマスク男のはずです。

 もし 'after you leave' が「Jacketがしくじったら」の湾曲表現だったとしたら、「Jacketが失敗したらまた別のマスク男が送り込まれる」という意味に取ることができます。さらに「ご近所 (neighbors) に迷惑をかけないように」も、[1-7: Neighbors]のレベル名から連想すると、「(Jacketも失敗して) 仲間の手を煩わせないように」という深読みが可能です。真偽はともかく、いろいろと不穏な妄想の余地があるメッセージだと思います。

Hotel BlueのDon

 1989年5月13日にJacketが確認した留守電。

Hi it's 'Don' from Hotel Blue, we need you tonight!
Our receptionist went home due to stomach problems...
And we have some VIPs who'll be staying with us today!
Make sure you give them a great stay...
That will be your top priority this evening!
Now get going! *CLICK*

[1-6: Clean Hit]イントロ

 雑な訳……「Hotel BlueのDonだ、今夜来てほしい! 受付が胃の調子が悪くて帰ってしまった……そして今日はVIPがここに滞在する日だ! 彼らを丁重にもてなしてくれ。それが今晩の最優先事項だ! すぐに取り掛かってくれ!(カチッ)」

 ここで言われているVIPは、レベル中でJacketが殺害している政治家3人を示唆してるはずです。[1-7: Neighbors]イントロで読める新聞によると、彼らが殺されたことは、ロシア・アメリカ連合 (Ruso-American Coalition) に打撃だそうです。

レストラン左下
レストラン左下

 彼らが親ロシア派のアメリカの政治家なのか、ロシアの政治家なのかは不明です。が、ロシアの政治家を殺したのでは2のエンディングに直行しかねないので、前者だと思っています。また、1フロア目のレストランの左下 (画像) で、政治家と同じテーブルについているロシアンマフィアの態度がめちゃくちゃデカイのも気になります。ロシアンマフィアと癒着してる政治家だったのかな。

 (※一度だけ膝を揃えて座っているパターンも見ましたが、条件は不明です。特に深い意味は無いかもしれないです)

 そしてメッセージ本文ですが、今夜と言いつつ「すぐに来い」ってことは、この留守電はけっこうギリギリにかかってきてるはずですよね。メッセージが録音なら、JonatanとDennisも収録のために大急ぎでイタ電をかけまくっていたはずです。というか、Hotel Blueなんて場所がはっきり分かるメッセージを喋らされた人は、あとでこのホテルで起こった事件を知って真っ青になったのではなかろうか。Hotel Blueだけに。

 さて、このメッセージも勘ぐりポイントがあると思います。「受付が帰ってしまった」とか第三者の存在をほのめかしたり、やたら緊急性を強調したりといったところが、トラマスクやワニマスクの時のメッセージを彷彿とさせます。

 でも現場には他のマスク男がいることもなく、清掃負の格好をしたJonatanがいただけでした。他の説を考えるとすれば……Jacketが行ったとき、受付係と思しきロシアンマフィアがちょうどスタッフルームのトイレに引っ込んでいて、突入が容易になってました。これは、本来なら受付に2人いるはずだったけど本当に1人が病欠で、残りの1人が席を外していたところにたまたまJacketが来たんでしょうか? それなら単純に、早退で人が減ったのをチャンスと見て、緊急の指示が来たのかな。

 でもJacketの鬼神っぷりを見てるプレイヤーからすると、たかだか敵が1人いなくなっただけでチャンスというのは微妙というか、やっぱり他の何かがあるんじゃないかと勘繰ってしまいます。

 そして個人的に気になったのが、同日にBikerが動いてる ([1-16: Safehouse]) ところです。完全に妄想でアレですが、この政治家暗殺の指令は本来、Bikerがやるはずだったんじゃないか……?

ブチギレBiker
ブチギレBiker

 この日、Bikerはブタマスクの男とタコマスクの男をすごい勢いで尋問してました。キレてるBikerは「何か大事なことを隠してるだろ」みたいに言ってます。さらにBikerは、[1-17: Fun & Games]の留守電 (5月16日)で「昨晩の配達に失敗した」と釘を刺されてます。

 日付が少し離れてて説得力が薄いのですが、その「昨晩」というのが「前回の指令」という意味だったとしたら? Bikerも5月13日に「Hotel Blueに行け」というメッセージを受け取っていたけど、報道などから事前に『VIP』の正体に気づいて、命令に従わなかった……という妄想ができなくはないのです。そして自分がとんでもない騒動に巻き込まれたことを知って、[1-16: Safehouse]のイントロに繋がったのかも。

 いや、TrueエンドでBikerが「ロシア・アメリカ連合 (Ruso-American Coalition) を壊せると思ってこんな方法を使うのか?」と言及してるので、実際のところ結構あるんじゃないかと思ってます。ゲーム中でロシア・アメリカ連合という名詞が出てくるのは、1・2通しても3箇所だけで、1においてはこの項の先頭で書いた新聞記事とTrueエンドのBikerのセリフだけなんですよ。結び付けたくてしょうがないです。

管理のHarry

 1989年5月23日にJacketが確認した留守電。

It's 'Harry' from management. We have a problem!
There's big mess over by the condos on 122nd SE St!
One of the residents' water pipe burst, wet all over!
The whole building is gonna be flooded soon...
Hope you can get on this shit ASAP...
Don't go easy on the mop! *CLICK*

[1-7: Neighbors]イントロ

 雑な訳……「管理のHarryだ。問題が起きた! 122nd SE Stのコンドミニアムが大混乱に陥っている! 住居の水道管のひとつが破裂して、床が水浸しだ! すぐに建物全体が水浸しになるだろう……。可能な限り早く取り掛かってくれ……モップを手加減するな!(カチッ)」

 特に言及するところがない普通のメッセージだと思います。このレベルは次の電話があるから、含みの無いメッセージにしたのかも。

 現場はこれ、コンドミニアムなんでしょうか? あんまりピンときません。もちろん水浸しでもないです。

「計画が少し変わった」

現地に直電
現地に直電

 [1-7: Neighbors]を掃討直後に、現地にかかってきてJacketが取った電話。

There's been a small change of plans...
We have a prank caller at the telephone company.
Why don't you go there and see if you can... 'Talk some sense' with him.
You know what I mean. 342nd NW St.
Go there now! Floor it.
... *CLICK*

[1-7: Neighbors]掃討後

 雑な直……「計画が少し変更になった……。電話会社にいたずら電話をしてる奴がいる。そこに行って……そいつに『言い聞かせて』こい。意味は解ってるな。342nd NW Stだ。今すぐに行け! 全速力だ。……(カチッ)」

 緊急時はJonatanまたはDennisが直接電話してくることが判明しました。外で出会う二人が無言なのは、声バレを防ぐためかもしれません。そしてリアルタイムでも湾曲表現に終始するのは流石です。彼らのメッセージはいつも、場所についてはほぼ現地とマッチしたことを言ってるので、これもそうだとするとPhone_Homは電話会社のようです。

 しかしJacket目線で考えると、これも幾多の怪電話の一つでしかないように見えたと思います。指示も住所だけだし、JacketはたぶんPhone Hom社と怪電話との繋がりには一切気づいてません。ロシア人憎さに、あえて深く考えずに脅迫に乗って殺しまくってたという説も考えられますが……。

クラブのPat

 1989年5月27日にJacketが確認した留守電。

Hi, it's 'Pat' from the club. We want you to DJ tonight.
You're free to play any kind of music you want.
Beer is on the house! We're on 212 NE 24th Street.
Dress to kill! see ya...
... *CLICK*

[1-8: Push It]イントロ

 雑な直……「やあ、クラブのPatだ。今夜、あんたのDJが欲しくてな。やりたいように好きな音楽をかけてくれていい。ビールを奢るぞ! 212 NE 24th Streetだ。バッチリ決めてこいよ! それじゃ……。……(カチッ)」

 どうでもいいけど 'Dress to kill' ってすごい言葉があるんですね。行った先の住所もクラブでした。みんな大好きMiami Discoです。

バッタマスクの死体
バッタマスクの死体

 しかし、ここまでメッセージを見てきて気になったのは、1フロア目のド真ん中で倒れてるバッタマスク (Carl) の男に一切触れられていなさそうなところです。後述しますが、[1-10: Hot & Heavy]のコブラマスクの男はメッセージで触れられてたのに。

 もしかしてバッタマスク君は、電話の指示とは無関係にクラブに乗り込んでいって殺されたイカレポンチだったんでしょうか? もしくは、指示は受けたけど、真正面から突っ込んで早々にミスしてJonatanとDennisに見なかったことにされたとか? どうも微妙に頭が弱そうな想像をしてしまいます。しかし改めて考えると、真正面から突っ込んで死んでもやり直せるのはJacketだけなんだよなぁ……。

セイウチマスクの死体
セイウチマスクの死体

 ……とかなんとか書きましたが、そういえば[1-2: Overdose]のセイウチマスク (Earl) の男もメッセージで言及されてませんでしたね。でも一応、セイウチの人はシチュエーション的に、そもそもあの家の住人っぽいんですよ。自室でレコードを聴いていたところにロシアンマフィアが突入してきて、拷問された挙句に惨殺されたように見えます。

 だから『指示を受けて乗り込んでいって返り討ちにあった』わけではないので、メッセージで触れられてなくてもおかしくない……あれ? じゃあバッタマスクもクラブの住人だった……?

不動産屋のRick

 1989年5月31日にJacketが確認した留守電。

You have one new message! *BEEP*
Hi, this is 'Rick' from the real estate office.
There's a showing for an apartment down town today.
It's at SW 121st Street, apt 35. Open house.
Just swing on by when you have the time.
... *CLICK*

[1-9: Crackdown]イントロ

 雑な訳……「不動産屋のRickです。本日、ダウンタウンでアパートの展示会があります。SW 121st Streetの35番アパートです。ご希望の方に公開しております。お時間がございましたらお立ち寄りください。……(カチッ)」

 いつでもいいと明示されてるメッセージの一つです。どうでもいいですが、Rickという呼び名はRichardの愛称だそうです。

 アパートと言うけど、現地はあんまりアパートっぽくないです。1階にビリヤード場や噴水があって、2階の大きな机の上に大量の薬物らしきものが置いてありました。これのせいで元々警察にマークされてた建物だったんじゃないかな? SWATに突入されたのは、建物に入るJacketが見られて通報されたのではなく、偶然だった説もあると思ってます。いつでもよくなかったね。

Downtown RelaxationのThomas

 1989年6月3日にJacketが確認した留守電。

Hello there, this is 'Thomas' from the 'Downtown Relaxation'.
We need you to fill in at the reception tonight.
One of our employees has 'called in sick'.
Wear something fitting and discreet.
... *CLICK*

[1-10: Hot & Heavy]イントロ

 雑な訳……「こんにちは、『Downtown Relaxation』のThomasです。今夜、受付の代わりをお願いたいです。従業員の一人から『病欠の連絡』がありまして。雰囲気に合った落ち着いた服装でお願いします。……(カチッ)」

 どうでもいいですが、メタドンクリニックのThomasと名前がかぶってます。むしろそれが、電話口の相手の名前には特に意味が無いという証明に……なるわけでもないか。

コブラマスクの死体
コブラマスクの死体

 代わりとか病欠とかいうワードが含まれており、案の定、このレベルではコブラマスク (Jake) が死んでます。病欠のところを強調してるのはなんででしょうか? 気にするほどのことではないかもですが、個人的にはJonatanかDennisからの直電みたいで怖いです。

 深読みするとこのテキストには、これまでのメッセージに含まれていた『他のマスク男のほのめかし』をプレイヤーにそうだと気づかせるという役割があるからでしょうか。いや、実際それらがほのめかしでも何でもなかったら、筆者が恥ずかしいだけです。

 2で同日のJakeにかかってきていた電話では、彼の任務は「今夜7時に」とのことでした。それでJakeが失敗して病欠扱いになったのだとしたら、Jacketにこの電話がかかってきたのは19:00以降ということになります。そのうえで期日が今夜なのは、中々のハードスケジュールです。Jacketが早く寝てたらどうする気だったんだろう? というか、Jacketは19:00以降にかかってきた電話が留守電になるような生活をしてるんでしょうか?(どうでもいい……)

 それとも、Jacketにかかってきた電話とJakeは無関係だったんでしょうか。Jacketが行かされたのはDowntown Relaxation (E 7th St) で、Jakeが行かされたのはNW 159th Stでした。本来なら無関係なはずだと言えばその通りです。

 むしろJakeが連れていかれたことで、この建物がロシアンマフィアの巣窟だと判明し、JonatanとDennisが大急ぎでメッセージを作ってJacketを差し向けたという説も考えられます。とはいえEastとNorth Westにある二地点ではそれなりの距離がありそうなので、連れていかれたJakeをあの二人が頑張って追跡したということになるけど……。

オフィスのJim

カチカチカチカチ
カチカチカチカチ

 1989年6月8日にJacketが確認した留守電。

This is 'Jim' from the 'office'... *AHEM*
Just wanted to remind you that your 'report' is due tomorrow morning.
Have it on my desk by eight.
312 SE St. Is the address, in case you forgot...
... *CLICK*
*CLICK* *CLICK-CLICK*
*CLICK-CLICK* *CLICK*
...
*CLICK* *CLICK* *CLICK*
*CLICK* *CLICK* *CLICK*
... *CLICK*

[1-11: Deadline]イントロ

 雑な訳……「『オフィス』のJimだ……エヘン。『レポート』の期限が明日の朝までだと君にリマインドしておきたくてね。8時までに私のデスクに持ってきてくれ。忘れてしまったときのために、住所は312 SE Stだ……。……(カチッ) (カチッ)(カチカチッ) (カチカチッ)(カチッ)……(カチッ)(カチッ)(カチッ)(カチッ)(カチッ)(カチッ)……(カチッ)」

 すごく気持ち悪いメッセージです。何番通りなのか不明な住所に、なんとなく脅迫じみた雰囲気に、なんだか分からないけど強調されてる『オフィス』と『レポート』に、極めつけは最後のカチカチカチカチ……。

 しかもこのシーンでは、上の画像の右下にも見切れてるように、ロシアンマフィアのデブが血まみれでJacketの部屋の冷蔵庫を漁ってます。Jacketの正気を疑わない方が難しいというものです。

 個人的には、この切羽詰まった感じは、Bikerが命令を無視した後に受け取った警告のメッセージと近いような気がします。と言っても、プレイヤーが見てる限りでは、Jacketは (やたら住所を間違えてたことを除けば) Bikerのように指示を無視したりはしてないはずです。

 他に『レポート』に該当しそうな期限付きの指示や、指示を破ったとみなされそうな落ち度がJacketにありましたっけ。無理やり探すなら、The Girlを殺さずに連れ帰ったことでしょうか。いや、これが脅迫電話だってこと自体が私の妄想なので、実際には全然どうでもいい話かもですが。

 さて、不気味なカチカチカチカチについては、Jacketの記憶が混濁していることを表す演出だと思ってました。これがJacketが夢の中で見る最後のメッセージだからです。

 しかし今これを書いてて思いましたが、ここ一か所だけ記憶の中のメッセージが改竄されてる演出なんて使うでしょうか。そんなことしたら、Jacket編の前半は本当に全てが信用できないことになってしまわないか!?

 それでは妄想のし甲斐がないので、この項ではカチカチも現実にJacketが聴いたものだと仮定してみます。電話のメッセージはJonatanとDennisが会員を脅して喋らせてるものだから、メッセージを喋らされた人がテンパってて受話器をうまく置けなかったとかではないでしょうか。または、JonatanとDennisがカセットテープを止めるタイミングを誤ったとかで、再生ミスしたとかだと思います。うわあどうでもいいな。

 まあ、メッセージが録音されたものだと推理できる物品はすべて地下の基地にありましたから、これはそれを示唆するための演出だったと考えると……この項本当に妄想ばっかりだな。

パソコンがいっぱい
パソコンがいっぱい

 ……ともかく、現地は実際に、パソコンのデスクがたくさん置かれたオフィスのようでした。最後にエントランスに車が突っ込んでくるビルです。あのオッサン含めて、ロシアンマフィアというのは朝8時より前から働いてるものなんでしょうか。明日の朝8時までだから、実際には前日のうちに行ったのかも。どちらにせよオフィスでは、仕事してる時間でなければ人は居ないはずです。あいつら銃持って何の仕事してるんだ。

 ところでこのレベルって、クリア後にJacketの家でRichterが待ってるんですよね。「明日の朝8時まで」というのが言葉通りの緩い指定なら、JonatanとDennisは、わざわざJacketが出て行ったのを確認してからRichterに連絡する羽目になったと思います。……あれ? じゃあRichterの家の留守電には、Jacketの家の住所が入ったメッセージが残ってたかもしれないのか!? マイアミ警察がちゃんとRichterの家も調べてれば、二つの事件が繋がったのでは……!

 余談ですが、RichterはThe Girlを殺してます。でも、[1-13: Assault]の留置所でJacketに「個人的な理由じゃなかった」と弁明してます。ここ疑問なのですが、この日にRichterが受けた指示って、Jacketだけでなく彼女を殺すことも含まれてたんでしょうか。ただそこにいたから殺されただけじゃなくて、もし明示的に指示があったとすれば、先に書いた『JacketがThe Girlを出会ったときに殺さなかった』のが命令違反扱いされた線がゼロでもなくなるかも。

マイアミ運送のMark

Bikerの部屋
Bikerの部屋

 1989年5月16日にBikerが確認した留守電。

You have one new message! *BEEP*
Hello, it's 'Mark' from Miami Drop Off...
It looks like you missed your delivery last night.
We've got another parcel for you today...
Please drop it off at SW 107th Place.
Our clients will not tolerate further delays!
... *CLICK*

[1-17: Fun & Games]イントロ

 雑な訳……「マイアミ運送のMarkだ……。君は昨晩の配達をし損ねたようだな。今日の君のために別の荷物がある。SW 107th Placeまで届けてくれ。これ以上の遅配は客が許さないぞ! ……(カチッ)」

 上述したように、筆者はこの『昨晩の配達』をHotel Blueの政治家暗殺の件だと思い込んでます。それについてはリンク先のメッセージでどうぞ。

 現地はゲームセンターでした。Bikerは[1-16: Safehouse]ですでにPhone Homの存在を掴んでますが、メッセージで釘を刺されたので、ここは一旦指示に従った感じでしょうか。でも支給のマスクをかぶってないですね。いや、ゲーム的にもこれでPhone Homに直行してたら、Bikerで遊べるレベルが無くなっちゃいますけど……。

 どうでもいいですが、このレベルはプレイヤーにBikerのキャラを伝えきってる感じがすごいです。チャラい部屋に、現地のゲーセンの雰囲気に、あまつさえレベル名がFun & Gamesです。テーブルに50 Blessingsの赤紙が乗ってるのが不思議なくらいのチャラさだと思います。

 そこらへんの見解は赤紙の項に書いた通りですが、次点として『退屈な青年がフラストレーションのはけ口としてなんとなく愛国活動に手を出した結果、大変なことになった』という説もちょっと考えてたりします。Bikerが銃を使えないのは、従軍経験が無いからなんじゃないかなと思ったり。

Janeのデートの誘い

 1989年5月23日にBikerが確認した留守電。

You have one new message! *BEEP*
Hi it's 'Jane'. It was nice to see you again.
How about another date tonight?
Pick me up at NE 158th St around nine, OK?
And put on one of those nice suits you've got.
You're taking me somewhere fancy this evening!
... *CLICK*

[1-18: Prank Call]イントロ

 雑な直訳……「Janeです。再会できて嬉しかったわ。今夜またデートするのはどう? 9時ごろ、NE 158th Stまで私を迎えにきて。あなたが持ってるそのイカしたスーツのひとつを着てね。今晩はどこか素敵なところに連れてってくれるでしょ! ……(カチッ)」

 親密さを感じさせるデートのお誘いです。知り合いからの電話っぽいものは珍しいですね。同名の知り合いがいたら、本気にして現地に行っちゃう人もいるかもしれません。

 服装に言及するメッセージの一つでもあります。が、これはわざわざ 'one of those nice suits' という言い回しをしてるんでしょうか? そうだとしたら、BikerもJacketのように複数のマスクを持ってた可能性があります。まあ、Bikerが入手したマスクをJacketが使える時点でゲーム的な都合というか、この仮定自体にあんまり意味が無いですが……。

 ところでBikerが支給されてたマスクはどの動物だったんでしょうね。シリーズ中の他の人物が関わってるマスクを除くと、残りのマスクは以下になります。(※PC版で手に入るマスクのみです。また、Jacketの夢の中で死んでたオオカミマスクは除外してます。[1-16: Safehouse]で拾えるタコマスクも、あそこに隠れてたエンジニアのオッサンのものとして除外してます。)

  • ウサギ (Graham)
  • キリン (George)
  • ライオン (Teo)
  • ゾウ (Rufus)
  • ラクダ (Rami)
  • サル (Willem)
  • ユニコーン (Peter)
  • カエル (Zack)
  • モグラ (Oscar)
  • キツネ (Rick)
  • カメレオン (Louie)
  • 魚 (Phil)
  • コウモリ (Nigel)

 どれでもいいですけど、仮にキツネだと、RickがRichardの愛称なのでややこしいですね。なんで列挙したんだこれ。

マイアミ斎場のBen

 1989年5月24日にBikerが確認した留守電。

You have one new message! *BEEP*
Hi it's 'Ben' from Miami Funeral Parlour...
I'm just calling to tell you we have the tombstone you ordered done and ready to be delivered.
With a little luck you should be getting it before the weekend! ...
... *CLICK*

[1-19: Resolution]イントロ

 雑な訳……「マイアミ斎場のBenです……。あなたが注文された墓石の配達準備ができましたので、ご連絡いたしました。運が良ければ週末までにお届けできると思います! ……(カチッ)」

 1で一番はっきりした脅迫電話です。『Jacketが電話に従わなかったらこうなっていた』ということを、プレイヤーに説明するメッセージでもあると感じました。

 しかしわざわざここで予告したために、JonatanとDennisはBikerに逃げられてしまってますよね。確認したところ、1989年5月24日は水曜日なので、週末までには少し猶予があります。それともまだ木曜日か金曜日にメッセージが送られてきて、怖気づいてそれを遂行すれば助けてもらえたんでしょうか?

 でもあの二人は[2-20: Release]にて、これから (間接的に) 始末するRichterに会いに来てたりするし、単に悪趣味なだけかも……。

マイアミオートリペアのEric

電話を遮るJake
電話を遮るJake

 1989年4月25日にJakeが取った電話。

Good day! This is Eric from Miami Auto Repairs.
I'm calling to tell you that we have finished service...
(不明)
...swing on by NW 12th Ave place and pick...
(不明)
...we guarantee you the best service in town! *CLICK* ...

[2-3: Hard News]イントロ

 雑な訳……「こんにちは! マイアミオートリペアのEricです。修理が完了したことをお伝えするために、ご連絡いたしました……(不明)……NW 12th Ave placeまでお立ち寄りのうえ、引き取りを……(不明)……この街で最高のサービスを保証いたします!(カチッ)」

 段ボール箱の隅をつつくようですが、電話口の人物の名前 (Eric) がクォートされてません。どうでもいい。

 (不明) の箇所は、Jakeが声を上げて電話を遮ったために聞こえない部分です。なのに相手がまったく反応しなかったり、そもそも留守電ランプが点灯してなかったりと、リアルタイムで取っている可能性が高い電話です。

保育所のMary

 1989年6月3日にJakeが取った電話。

This is Mary from daycare center on NW 159th St.
We're having a parent-teacher meeting tonight as seven.
(不明)
...discrete. *CLICK*

[2-15: Withdrawal]イントロ

 雑な訳……「NW 159th Stの保育所のMaryです。今夜7時に保護者会を行います。(不明)……慎重に。(カチッ)」

 前のJake回と同様、電話口の人物の名前 (Mary) がクォートされてません。。

 このメッセージですが、めちゃくちゃ失礼ながら、最後の 'discrete' は 'discreet' のスペルミスなんじゃないかなと個人的に思ってしまってます。なので、ここではそのつもりで訳しました。いや、保育所というのがベビーシッターのLindaと重なる気がしてて、あちらのメッセージでは最後が 'discreet' ですよね。それに 'discrete' だといまいち意味が分からないし、調べてみると英語圏の人もこの二つは混同してるような……。

 そして上の方でも書きましたが、Jakeが夜7時に呼び出されたのだとしたら、後続のJacketはけっこうハードスケジュールです。まあ、オフィスのJimのように「翌朝まで」なんてのもあったから、どうでもいいのかもですが。

マイアミ葬儀社のSusan

Rosa Berg様のご葬儀について…
Rosa Berg様のご葬儀について…

 1989年4月2日にRichterが確認した留守電。

You've got one new message! *BEEP*
Hi, this is Susan from miami funeral service...
We've got an appointment scheduled with you today.
For the funeral of a Rosa Berg.
Come whenever you like.
We're open all day.
Our office is on NE 139th St. *CLICK* ...

[2-17: First Blood]イントロ

 雑な訳……「新しいメッセージがあります!(ピー) マイアミ葬儀社のSusanです……。本日、ご予約のスケジュールがあります。Rosa Berg様のご葬儀についてです。いつでも都合の良い時間にいらしてください。終日開いております。オフィスはNE 139th Stにあります。(カチッ)……」

 作中で最も恐ろしい脅迫電話です。他のマスクの面子は一人暮らしでしたが、守るものがあるとこんな風になってしまうんですね。Richterはこのメッセージを受け取る前に車が燃やされてるので、家にも火をつけられたらと思うと指示に従う他は無かったと思います。もちろん作中で描写されていないだけで、Richter以外も身の回りの人間に危険が及んでいた可能性はあります。

 1989年頃のアメリカは土葬が主流だったとは思いますが、日本人的感覚だと葬儀といえば火葬なためか、余計に悪趣味で怖く感じてしまうのは気のせいでしょうか? ちなみに昨今はアメリカも火葬が増えてきてるらしいです。以下サイト様の記事によると、2000年には全体の25%だった火葬が、2015年にはほぼ49%に達しているそうです。

死後も自分らしく…アメリカで変化する埋葬方法 環境に配慮した「グリーン葬」も人気 | NewSphere

 ところでレベル名のFirst Bloodですが、この日 (1989年4月2日) ってJacketの[1-Prelude: The Metro]のちょうど前日なんですよね。深読みしすぎかもしれませんが、もしかするとこれが、JonatanとDennisの計画で決行された最初のマスク殺人鬼事件なのでは?とちょっとだけ思いました。もっと前から似たような事件が起きてたなら、Jacketが集めてた新聞の反応が初々しすぎる気がしますし。

速達郵便のAndrew

 1989年4月10日にRichterが確認した留守電。

You've got one new message! *BEEP*
Hello, this is Andrew from package express shipping.
You have some goods to deliver at NE 144th St, at 8 PM.
The shipment may be fragile so make sure to handle the packages carefully.
Don't be late, and don't forget to wear your uniform. *CLICK*

[2-18: Demolition]イントロ

 雑な訳……「新しいメッセージがあります!(ピー) こんにちは、速達郵便のAndrewです。午後8時にNE 144th Stまで届ける品物があります。壊れやすい荷物なので、くれぐれも慎重に扱ってください。遅れないよう、そして制服の着用を忘れないように。(カチッ)」

 ごく普通のメッセージです。住所と期日の指定があって、慎重にと釘を刺していて、服装に言及してます。このテンプレートを守れば、誰でも脅迫メッセージの原稿を書けそうです。

 と、ここまで来ると逆に「どこそこの誰」という名乗りが必要なのか?と気になってきました。上の方でThomasがかぶってると書きましたが、自分が作者だったら名前をかぶらせたりするかな? むしろ、必要だから同じ名前を使ったという可能性を想像してしまいます。とはいえ、頭文字を繋げたりしても特に意味は無さそうなんですよね。

 そういえば作者のDennis氏は、4Gamerのインタビューで、マスクに人名がつけられていることについて尋ねられていました。その時の答えは、「それはシュールな世界観を作り出すための手段の一つとして考えました。主人公のジャケットは、いわゆる名もなき存在ですが、それぞれのマスクを見ることでいろいろな人格を妄想するわけです」というものでした。それなら、留守電のメッセージも似たようなものかもしれません。真相を知らないJacketは、電話の向こうに色々な人格を見てたのかなぁ。

 服装と言えば、Richterはマスクを受け取るシーンが描写されていませんが、[2-17: First Blood]の時点よりも以前にマスクを受け取ってるはずですよね。それでも指示を無視していたということは、Jacketと違って手紙は同梱されていなかったのか、Richterは手紙まで徹底して無視したのかな? だから車に火をつけられたのか? Jacketも手紙を無視していたらデロリアンが危なかったのかもですね。

 (あれ、なんかぜんぜん関係ない話しかしてない……。)

花屋のDan

 1989年4月23日にRichterが確認した留守電。

You've got one new message! *BEEP*
Hi there, this is Dan from bush a flower.
We've got some gardening work for you uptown.
A nice old house up on NW 66th St.
Shouldn't be hard to find.
It's pretty straight forward, you'll know what to do.
Just put your suit on and get going. *CLICK*

[2-19: House Call]イントロ

 雑な訳……「新しいメッセージがあります!(ピー) こんにちは、こちらは花屋のDanです。あなたに住宅地のガーデニングの仕事があります。NW 66th Stの素敵な古屋です。見つけにくいはずです。仕事はかなり簡単で、どうすればいいかは分かると思います。ただ、制服を着用して行ってくださいね。(カチッ)」

 現地はロシアンマフィアの武器庫でした。1フロア目が謎のしんどさだったり床下に弾薬がぎっしり置かれていて物騒です。内部はろくに照明も無くて薄暗いので、実際に古屋だったのだと思います。

後書き

 以上、長文になってしまいましたが、妄想にお付き合いくださりありがとうございました。これを読んで、あなたも脅迫メッセージを考えてみてくださいね。さようなら。

サイドバーを表示する
ブログ
ShortCircuit
ShortCircuit
花火大会
天使
去る512時間前、キリウ君は折れてない千歳飴を渡してきて、ぼくが折るよう仕向けた。1024時間前、彼はこの世のものではないハッシュアルゴリズムでひとりブロックチェーンを始めていた。