もどる TOP

カッコウ

 ピアノのカッコウ (ダカンの『Le Coucou』) と童謡の『かっこう』の関係がよく分からない

 さっき思い出して3分くらい検索したけど分からなかったので投げてしまった

 もしかして題材が同じだけで無関係なの?

155

 あれ? アップした時はなんだこのクソ回と思ってたのに、今読んだらわりと良い気がする

 155のタイトルは一瞬『エーテルの波を越えて』になりかけたが、聞き覚えがあってググったら、思いっきりR-TYPEの真面目なシーンだったのでやめた

 現実世界の法則で解決できない現象を押し付けるためのホンワリした単語があると便利だなと思って、エーテルって単語は用意してたんですけど、結局ここまでほとんど使いませんでした。どうでもいいところでしか使えませんでした。ていうか、そういうところにありきたりな名詞を使っちゃうあたりで自分の限界が見えてます。イケてる造語が思いつかない

 改装はコランダミー編終わったらやる

 どうなんだろ? これ、作者以外には今、コランダミーってどう見えてるんだろう

 意外な展開とかは無しで、見えてる結末に向かって進むだけの話のつもりで書いてるのだが、そうなってないかもしれない

idp

 やっと上げれた。落ちた星を見に行った話って一体いつ書いたっけと思ったら47話だった。

 私が作るキャラは基本的に設定がスカスカのスカなので、必要なところ以外は、必要になった時にノリで決めてしまうことが多い。双子に他のきょうだいがいる設定は大昔にチラッと考えてたけど、8人いるってのは初耳だ。実は試験管ベビーとかそういうのかもしれない。微妙にうさんくさい田舎出身っていうのは、48話で『寺院』って単語をノリで書いたところから出てきた。結果的には、悪魔だからって理由でスパッと家出しても顧みなさそうな環境になったので、よかったと思う。

 あと15話分くらいでコランダミー編終わる気がする。関係無いけど前話読み返したら暗すぎて引いた。なんかもう当初みたいな文章がぜんぜん書けなくなってしまった。

サイドバーを表示する
ブログ
ShortCircuit
ShortCircuit
花火大会
天使
去る512時間前、キリウ君は折れてない千歳飴を渡してきて、ぼくが折るよう仕向けた。1024時間前、彼はこの世のものではないハッシュアルゴリズムでひとりブロックチェーンを始めていた。