もどる TOP

今思ってること

 イドピコを書いてると、自分が何もしてないような気がして時々つらい。もっと違うものを作った方が健康に良いと思う。でも、書かなかったら自分の中でけじめがつかなくて、もっとつらくなる気がする。

 イドピコをもっとみんなに読んでほしいかと言われたら、わからない。現にゲームを作った時とかは宣伝したり、サーチも上げてたけど、イドピコを更新しても恥ずかしいので、そうしようとは思わない。頑なにイドピ『コ』って呼んでるのも、名前をはっきり呼ぶのが照れくさいからだ。そのくせネットに上げるし、ブログでもごちゃごちゃ何か言っているのだが……。

 こんなの、自分でも「そんなに胸を張れない作品ならやめろやカス」「読んでくれる人がかわいそうだろ」って思う。実際、読んでくれる人に申し訳ないし、不誠実な気がしてかなり嫌だ。でも自分がどうしたいのか、自分自身でも分からなくて、ずっとモヤモヤしてる気がする。

 私はイドピコをどうしたいのか?

 可能な限り正直に答えると、おそらく、過去にしたいのだ。私にとってもキリウ君にとってもだ。

 過去だったら、文章がミソッカスでも、話が破綻してても、完結してさえいれば『そういうもの』だと思えるし、思ってもらえる。未完のまま置いておいたら、いつまで経っても過去にはならない。ダサすぎる。だからとにかく、完結させることが重要なのだ。

 イドピコが『完結した過去のテキスト』になった時、たぶん初めて私は、常に100%正確に名前を呼んだり……恥ずかしい登場人物紹介を作ってとっつきやすくしたり、クソ痛いコメンタリーを書いておおはしゃぎしたりするだろう。このサイトにはこういう作品があります、って言えるようになるだろう。

 考えるだけで寒気がする。

 そんなら完結してから上げれば?と自分で思いますが、その通りです。いま1話ごとに書いてはアップしてるのは、まぎれもなく「自分は何もしてないわけじゃないぞ!」と主張したいがための虚栄心です。いや、冒頭で書いたように「実質的には何もしてなくね?」と思ってる自分もいるので、結果的に死亡するのですが。

 すみません、友達がいないのでここに書いてしまいました。次からは地面に穴を掘って、そこに向かって喋ります。

サイドバーを表示する
ブログ
ShortCircuit
ShortCircuit
花火大会
天使
去る512時間前、キリウ君は折れてない千歳飴を渡してきて、ぼくが折るよう仕向けた。1024時間前、彼はこの世のものではないハッシュアルゴリズムでひとりブロックチェーンを始めていた。